スルーフィード研削

スルーフィード研削

センタレススルーフィード研削(通し送り研削および縦方向研削とも呼ばれる)は、研削技術の中で最も有益な大量生産工法の1つです。 ワークは、研削ギャップを通る軸方向送りで連続的に送られます。 これは、調整車を回転軸を中心に傾斜させることによって可能になります。 この傾斜にもかかわらずすべてのワークが研削砥石の幅全体にわたって接触するように、調整車は双曲線形状を有しています。 調整車の速度と傾斜角度が共にワークの送り速度を決定します。

ワークは、研削ギャップの最後の区間を通過するまで、正面をつけて横たわっています。 この場所で、調整車の円周が最大となるため、調整車の周回速度が最高になります。

この加工法は、機械のフィードが研削中に行われるため非常に経済的です。 ワークは場合によっては分速20m以上で研削盤を通過します。たとえば、このため、例えば長さ20mmのチェーンピンは、個数にして1秒間にボルトを最大17本研削できます。 従来の研削工程では、そのような使用法はすでにハンドリングシステムに失敗することがよくありました。

加工方法の一般情報

ワークは、ハンドリングシステムによってに軸方向に研削ギャップに送られます。 研削ギャップ内では、調整車がワークの送り運動を担います。 この目的のために、調整車は角度αRだけ傾斜され、速度nRで回転します。 ワークは研削ギャップの中に連続的に通し送りされる間に加工されます。

ワークはガイドジョーで入口と出口で仕分けされます。 材料は研削ギャップの中に入ってから削り取られます。 最大直径でのみ加工するのであれば、プロファイルワークが可能です。 研削ギャップ長を大幅に超える部品の加工も可能です。

センタレス研削の基本 - その他のトピック

センタレス研削の基本

センタレス研削またはセンタレス円筒研削は、特殊な形態の外面円筒研削です。 従来の円筒研削とは対照的に、ワークは「センタレス」研削されているため、両面センタリングを必要としません。

さらに詳しく見る
プランジ研削

センタレスプランジ研削の場合、ワークは研削砥石の送りによって溝内で研削されます。 この目的のために、研削および調整車はワークのネガティブプロファイルを持っており、そのプロファイルはドレッシングツールによって形成されます。

プランジ研削の詳細
センタレス研削の長所と短所

どの研削工程にも長所と短所があります。 従来の外面円筒研削と比較して、センターレス外面円筒研削にどのような具体的な利点があるか、こちらでご確認ください。

さらに詳しく見る
スタートページ
グローバルグループ
ja Change Language