プランジ研削

プランジ研削

センタレスプランジ研削の場合、ワークは研削砥石の送りによって溝内で研削されます。 この目的のために、研削および調整車はワークのネガティブプロファイルを持っており、そのプロファイルはドレッシングツールによって形成されます。

直径、面取りおよび曲線が異なっていても、ワークを単一の溝内で研削することができます。 研削ギャップの幅が広ければ、複数のワークを同時加工することも可能です。 この場合、二重または多重生産と呼ばれます。

ワークを傾斜させそしてスピンドル軸線を研削することによって、ワーク軸線に対して斜めに機械加工することが可能です。 これにより、前面や平面の加工が可能になります。

加工方法の一般情報

横研削とも呼ばれるセンタレスプランジ研削において、調整車の傾斜はほんのわずかに過ぎません(たとえば、0.1 ... 0.2°)。 調整車の回転によって、ワークに作用する軸方向の力が生じます。 その結果、ワークは軸方向ストッパーに向かって移動し、正確に位置決めされます。

ワークは上方または横方向から研削ギャップに送られます。 この際、貫通軸はワーク着脱位置にあります。 その後、送りキャリッジの移動によって研削ギャップが閉じ、ワークが研削されます。 研削工程の後、研削ギャップが開き、ワークを取り出せるようになります。

研削サイクルは、いくつかの連続したステップで構成されているため、多段階研削プロセスとも呼ばれます。 多段階研削では、ワークの研削代を可能な限り短い時間で、すなわちできるだけコストをかけずに研削しつつ、必要なワークの粗度を保つことが課題となります。 これは、研削工程を複数の段階(例えば、粗面化、サイジングおよびスパーク)に分割することによって実現可能です。

図:[1]基本位置、[2]研削、[3]基本位置

センタレス研削の基本 - その他のトピック

センタレス研削の基本

センタレス研削またはセンタレス円筒研削は、特殊な形態の外面円筒研削です。 従来の円筒研削とは対照的に、ワークは「センタレス」研削されているため、両面センタリングを必要としません。

さらに詳しく見る
スルーフィード研削

センタレススルーフィード研削(通し送り研削および縦方向研削とも呼ばれる)は、研削技術の中で最も有益な大量生産工法の1つです。 ワークは、研削ギャップを通る軸方向送りで連続的に送られます。

スルーフィード研削の詳細
センタレス研削の長所と短所

どの研削工程にも長所と短所があります。 従来の外面円筒研削と比較して、センターレス外面円筒研削にどのような具体的な利点があるか、こちらでご確認ください。

さらに詳しく見る
スタートページ
グローバルグループ
ja Change Language